充実しているからこそ悩ましいハワイ旅行

ハワイ旅行は日本人にとっては最もポピュラーな海外旅行と言えるかもしれません。年末年始の芸能人もそうですし、様々な番組の特番もハワイで組まれます。だからこそ旅行会社もたくさんのプランを提供し、たくさん来る人の様々なニーズに応えようとしてくれているのですが、ともすればそれは利用者にとっては分かりにくさにつながっているのも事実です。

まずご家族での旅行の場合はどういう過ごし方をしたいかをしっかり決めた方がいいでしょう。観光名所を回るのか、それともマリンスポーツを楽しむのか、とにかくゆっくりしたいというのか…現地に着いてからでは選択できないオプションもあるため、まずは大まかに各日程のプランを描いていくことが大事です。

また代金を安く抑えるのならば通常のホテルではなくコンドミニアムの利用も考えられます。現地で食材を買って、部屋の中のキッチンで調理をすることでかなり食費は節約できます。部屋も広めに設定されるのでお子さん連れにも人気ですね。ホテルだと料理がセットに含まれていることは少なく、ワイキキビーチ沿いの比較的高価なレストランを使う他ありません。これだけでもかなりの出費になるので、選択肢にコンドミニアムをぜひ入れてもらいたいと思います。

それから現地の観光地は意外と離れていることも頭に入れましょう。サーフィンで有名なノースショアは景色こそ今ひとつですが、サーフィン体験が充実しています。しかし宿泊の中心であるワイキキからはまるで島の反対方向に位置しています。さらにパールハーバーの海軍基地も記念艦があるなど有名な観光スポットですが、これもワイキキからは離れています。電車のような定時性の高く人数も乗れるような公共交通がないため、ここはレンタカーを利用するのも賢い選択です。旅行会社のツアー内容の一環として日本から予約できますし、運転も日本の免許で可能というのは嬉しいところですね。

最後に出発の空港ですが、地方の方は地方空港の便を選ぶのが当たり前ですが、関東地区だと羽田と成田の二択になります。羽田の方が深夜帯出発のため、昼は仕事をしてから出発するという荒技も可能です。ただし成田の昼から夕方発の便のほうならハワイ現地の朝から活動できるので、より一層長く楽しめますね。逆に帰りは羽田着の方が半日程度出発が遅くなるので、行きは成田、帰りは羽田という選択で滞在時間を伸ばすという方法も選択肢に入ってきますね。

資金的な問題は家族旅行にかぎらず発生してしまいますね。
プロミスならセブンイレブンで返済もキャッシングもできます!
http://smartnavi.org/cashing/

現地ならではの雰囲気をたのしんで!

2年前の1月に友人と3人でハワイに行きました。

私達は1月中旬から10日間程。航空券とホテルののセットで申し込み、オプションは現地カウンターで申し込みました。

10月という事は、私達が行った時期とさほど料金は変わりませんね。

ハワイ旅行はやはり、お盆、GW、3月の卒業旅行シーズン、そして12月のホノルルマラソンの時期が高いそうで、後は比較的に価格は落ち着いていると聞いた事があります。

たまに激安ツアーの広告、見ますよね。私も調べてみたんですがホテルがワイキキのメインストリートから離れた所にあるそうです。さほど、遠くはありませんが、免税店やブランドショップストリートでのお買い物を考えていたので大荷物の持ってのホテルの往復、女子だけの旅だったのでセキュリティの面でも格安ツアーは辞めました。

1月は現地では海に入っても少し肌寒いので、マリンスポーツのオプションはつけませんでしたが10月ならその心配はなさそうですね。

もし、マリンスポーツ以外に興味があればスカイダイビングをしてみて下さい。とてもおすすめです。2万円くらいで体験できます。ホテルのロータリーに送迎バスが来てくれて、2時間程で飛行場につきます。

スカイダイビングのDVDを見て、いざフライト。もうドキドキしてる暇はないです。人生観かわります。日本では絶対出来ない体験なので是非!

ただ、天候によって中止になる事がよくあるそうなので、余裕のあるスケジューリングが必要になると思いますが・・・。

あとは、現地ならではのローカルフードを試してもらいたいです。ワイキキから少し離れたニューオータニカイマナビーチのホテルロビーにあるハウスツリーラナイというレストラン。おすすめです。ビーチに面したオープンテラスでキラキラ輝く水面とサンセットが美しいです。夕暮れはとてもムードがあります。

ハワイアン料理の代名詞、エッグベネディクトがとてもおいしい。イングリッシュマフィンの上に卵とハム、オランデーズソース。とろけるポーチドエッグが病みつきになるおいしさです。エッグだけじゃなくて、カニもサーモンもあります。とにかくお腹いっぱいになるボリュームです。

あとは女性なら恥ずかしがらず、現地の方みたいにたっぷり露出して可愛いワンピースも楽しんで下さい。町中にABCストアがたくさんあります。食用品。お酒、お土産、コスメも豊富ですが、水着やムームーなど可愛い柄の物がお値打ちにたくさんそろっています。日焼けも人目も気にせず、少しだけ開放的に楽しむのもハワイの魅力だと思います。

ハワイは子連れに優しいところなので、思い切りお子さんと楽しんでたくさん思い出残して♪

子連れ2家族でハワイ旅行、楽しみですね。1週間であればそんなにたくさんは時間ないですが、楽しんで帰ってきてくださいね!2家族揃って楽しめるスポットですが、お子さんがいらっしゃるので、ウミガメスポットは外せないのではないのでしょうか♪観光ポイントとして今やとても有名にもなった「ラニアケア・ビーチ」はお勧めです。

一般的に、そこへ行けば99%の可能性でウミガメに会えると評判です。私も実際に3度行き来ましたが3度ども出会えました。あと1パーセントにあたれば会えないということもありますが、ビーチ自体もきれいなので、お勧めのスポットです。初めて見た時は私も興奮したので、子どもでなくても野生の大きなウミガメをみるのは楽しいものです。

ハワイではウミガメは幸せの象徴でもあるので、見ていて損はないと思います。いつ行かれるのか時期が分からないのですが、99%会えるというのは、夏のシーズンである4月~10月頃の話です。冬のシーズンでもハワイは暖かいのですが、ノース・ショアあたりは波がすごく高くなり、カメもあまり現れないようになってくるので、時期にもよりますが。

ビーチはいろいろありますが、家族連れが多いビーチで、旅行者が比較的行きやすくておススメなのは、アラモアナではないでしょうか。観光客もたくさんいますが、ローカルもたくさんいて、地元の人にも人気のビーチです。アラモアナは波が少ないので、遠浅の海に広々とした砂浜が広がり、ピクニックしてる人も多いですよ。

近くでテイクアウトしたものをビーチで食べながらのランチもおススメです。ウェディングの撮影などもよく行われてるので、それを見るのも楽しいですよ。子連れには特に大助かりのシャワーやトイレなども完備してありますし、売店もたくさんあるので、とても便利。海に突き出した岬の『マジックアイランド』にある入江は子どもたちの格好の遊び場にもなっています。

レンタカーを借りる予定であれば、オアフ東部ウィンドワード地区にある『カイルア・ビーチ』もおススメ。近年観光客の中でも人気急上昇です。エメラルドグリーンの海と白砂は必見の価値ありです。アラモアナよりも少し落ち着いた雰囲気で、ワイキキとはまた違った美しさがあります。子どもたちも砂遊びや水遊びが楽しめます。

浜辺には大きな気が沢山あるので、木陰でのんびりお昼寝するのも気持ちいいです。カイルアタウンにはおいしいレストランもたくさん。「テディーズ・ビガー・バーガー」は子どもたちにも大人気。「ラニカイ・ジュース」もぜひテイクアウトしてビーチで楽しんでほしいです。ほかにもグルメスポットがたくさん入っているショッピングセンターもあるので、どこにしようか散策するのも楽しいですね。ハワイは子連れに優しいところなので、思い切りお子さんと楽しんでたくさん思い出残してくださいね♪

ハワイ旅行をするにあたって

日本人観光客にとってハワイにて観光するならばオアフ島という先入観がありますが折角ハワイには多数の島々がありますので三泊するほど滞在日数に余裕があるのならばオアフ島だけではなくほかの島々にも足を伸ばしてみるよいのではないでしょうか。

例えばビックアイランドと呼ばれるハワイ州最大の島ハワイ島では国立公園にて活火山の活動を観察する事ができたりしますし、またゴルフ好きの方ならば広大な自然と一体になったゴルフコースを堪能することが出来ます。

他にもマウイ島でのホエールウォッチングをはじめとして様々な観光スポットが各島々に存在するので、穴場スポットを見つけて行くことが出来れば各種サービスをスムーズに利用できることはもちろん、帰国後こんな珍しいところに行ってきたといった風な話の種にもなるでしょう。

オアフ島内で観光するならば、まず押さえておきたいのは各地のビーチめぐりでしょうか。ホノルルビーチも良いところなのですが、なにぶん観光客がこぞって訪れすごい人なので喧騒が苦手な人には辛い上、海の水質も若干ほかの海岸に劣る部分があります。

その点市街地から少し離れたビーチですと非常に閑静で、水質も非常に美しく少し海に顔をつけると、近くを泳いでいる魚の姿を鮮明に見ることができるほどです。

そのほかにはミリタリー関連に興味のある方なら、真珠湾を訪れてみるのもいいでしょう。真珠湾には戦争関連の博物館のほか、戦艦ミズーリが第二次世界大戦当時の姿そのままで観光地として利用されています。

ミズーリには一度アリゾナ・メモリアル記念館に入場してからバスで向かう必要があるのですが特にミズーリ自体に入るために入場料などは必要なく、無料で見学することが出来、日本の大和ミュージアムなどとは違ってなにしろ戦艦の迫力満点の実物を見て、実際乗艦することもできるので軍事関係の物に興味のある人はぜひミズーリに乗艦してみてください。

市街地で見るものといえばモールや各種レストランなどのほかにアメリカ合衆国内に唯一現存する宮殿として名高いイオラニ宮殿でしょうか。

この宮殿はハワイにて王制がクーデターにより廃止されるまでハワイの王族が居住していた宮殿で、当時としても最先端の技術が惜しみなく投入され建築された宮殿です。最近では海外ドラマ、ハワイファイブオーにてロケ地として頻繁に使われているので海外ドラマを見ていて目にした事もあるのではないでしょうか。